2009年 09月 19日
食のプログラミング
美味しいから食べるという以外に食べ物を必要とする目的は3つ
①エネルギー ・・・ 身体を動かしたり、心臓などの臓器を機能させたりするのに必要
②構成成分 ・・・ 血液、皮膚、骨、毛髪、臓器、すべての細胞が、毎秒、毎分、毎日、毎月必ず生まれ変わっている、たんぱく質や多くのミネラル 
③触媒 ・・・ 食物をエネルギーや体内器官に変えるビタミン、酵素,ミネラルなど化学反応の促進に不可欠な化合物

b0110813_948765.jpg

人はエネルギーとなる食べ物を数時間ごとに必要とし、構成成分や触媒となる特定の食物毎日、あるいは一日おきに必要とする。私たちの身体はエネルギーが必要になると即座に空腹をかんじるよう生物学的にプログラミングされていて、残念ながら、構成成分や触媒の場合は、普通は体がおかしくなるまで欠乏に気づかない。
私たちの身体は、エネルギーを最も多く欲しがるように原始時代からプログラムされている。
だからエネルギーを最も多く含む砂糖や脂肪を一番美味しいと感じてしまう。「旨い!」

知っておいたほうがいい
メンタルが変われば結果も変わる

by positive-1 | 2009-09-19 09:48 | パーソナル トレーニング


<< 南伊豆 ☆ 吉佐美大浜 ☆ 日の出      AIR JORDAN 1 P... >>